九州のへそ/阿蘇の上 熊本県北の山里に8つの湯処、千の湯舟

  • 弱アルカリ泉/単純温泉(神経痛・筋肉痛・リウマチ・腰痛・婦人病・高血圧 ・慢性消化器病など)

初夏はホタル舞う清流沿いのどかな山里の温泉地。

🔺創業100年の宿「大朗館」の貸切温泉施設「笹のしずく」。全8室、源泉かけ流し  開湯は鎌倉時代。川底から湯が湧きだしているのを発見されたのが「田の原温泉」の始まりといわれています。江戸時代には細川藩主の武士たちが傷を癒すために訪れ、湯治場として栄えたものの、現在は温泉宿がわずか4軒のみ。筑後川の源流である、田の原川に沿ってひっそりと立ち並んでいます。この地の魅力は、のどかな自然のなかでのんびり過ごせること。モノクロの世界が広がる冬、稲穂が色づく秋など季節ごとの美しさはありますが、人気は初夏。カジカの美声が響き渡り、ホタルが舞う幻想シーズンです
夫婦滝
◀️小国杉に囲まれた森の中に流れる2本の滝。高さ12mの女滝と15mの男滝からなり、女滝の流れは田の原川に続くもの。縁結びの滝としても知られる

🔺「田の原温泉」の名の通り、素朴な田園地帯にある。
賑わう黒川温泉の隣とは思えないひっそりとした雰囲気